買物や散歩など自由にできる環境のなかで、家庭や社会への復帰をめざす治療と看護プログラムがあります。
 例えば、人とうまく付き合えるようにと生活技能訓練、手工芸を通じて症状の安定や能力の維持向上のため作業療法があります。
 また、健康維持のためスポーツや健康体操も行っています。
 退院後の再発予防に、薬の管理や病気のコントロールができるよう指導、支援しています。